念ずれば 現ずる

nenzureba

東静運送株式会社 会長 鈴木敏夫様著

2004.4.5刊 四六判 縦組み 230ページ

ことし(2006年2月)90才を迎える東静運送(株)会長の鈴木敏夫氏の生い立ちから、国鉄(現JR)時代、海軍従軍、帰還後希望退職に応じ、オート三輪一台で独立し、運送会社を創立。

組合問題、従業員教育などに真正面から取り組み、経営基盤を固める。

そのかたわら地域と運送協同組合で献身的な活動を展開し、「継続と誠実」を貫いた輝かしい人生。

東静運送株式会社様ホームページ http://www.tosei-unso.co.jp/


「念ずれば 現ずる」目次

第1章 難関の鉄道試験に合格、はれて機関助手に
第2章 海軍で青春の十年をおくる
第3章 鉄道に復帰したが、希望退職に応じ独立
第4章 家内の死、二男の社長後継など、揺れた家族関係
第5章 裾野倉庫の建設、組合争議を越え、事業は拡大基調に向かう
第6章 業界・地域への貢献、社員の教育の継続で、家業から企業へ
第7章 環境経営の推進、新しい総合物流を目指して
鈴木敏夫年表・東静運輸(株)年表 鈴木家家系図・山口家家系図
LINEで送る