出版までの流れ

workflow_collage002

出版までの概要

Sogyo_workflow002


出版までの流れ

ここで扱う出版(私家版)の流れは、注文住宅を建てる場合に似ています。

施主(お客さま)から希望する家のイメージやデザイン、素材などをうかがい、それをもとに設計図(企画)を描きます。

お客さまは設計・建築会社(出版制作者側)と設計(企画)内容をすりあわせた上で、着手し完成させます。

そこには、予算やスケジュールと施工管理(進捗管理)も重要になります。

出版も、お客さまと出版制作を受ける側との協働作業といってもよいでしょう。

 

*出版には、お客さまが注文して出版する私家版と書店(流通)に並ぶ出版があります。ここでは私家版について説明しています

(1)企画打合せ
  • 企画の基本項目を決める
  • 仕上がりのイメージ(表紙・本文)
  • 仕様:判型 縦組み・横組み グラビア 写真の点数 本文ページ数
  • 発行期日
  • 編さん・制作のスケジュール
(2)台割り(ページ構成:設計図に準ずるもの)の作成
(3)概算予算と概算見積書の作成
(4)出版覚書
(5)編さん・制作
  • 略年表の作成
  • 資料と写真の収集
  • 取材 5〜10回
  • 原稿執筆と内容確認(3〜4回)
  • 校正(3〜4回)
  • 写真確定とキャプション執筆、資料の確定
  • 印刷/製本

お問い合わせ

その他、ご質問やご不明な点につきましてはお問い合わせページよりご連絡下さい。

» お問い合わせページ

LINEで送る